人見知り

人見知りが激しいなど個人差の程度はあるものですが 本来、動物なら本能的に持ち合わせている性質であり、動物の警戒心が激しい様をを人に対しては、人見知りが激しいと用いられます。 人見知りとは、従来は子供が知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすること。現在は大人にもよく使います。また、コミュニケーション,人付き合いが苦手なことを表す用語として使ったりもします。 主に、子供に対して使われていた表現ですが、 少子化による核家族化や、都市部における隣人との希薄さや、ひきこもりの増大などから 若者や大人に対しても幼児化をさす表現として一般的に使われるようになってきた。 但し、これは日本に限ったことではなく主要先進国でも、人見知りが激しい大人は多く見られています。
プレッシャー うつ
タグ:子供
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。