パニック障害 注意


パニック障害は、パニック発作が1か月以上続くこと、薬物、身体疾患によるものではないこと、他の精神疾患ではうまく説明が付かないことが診断の基準になっています。
心臓など身体に問題があるととらえてしまい、別の診療科を回ってしまう場合もあるようです。どちらにしても、素人がこの病気を診断するのは危険です。

「他の精神疾患ではうまく説明が付かない」という点は非常に曖昧であり、似たような症状を持つ精神疾患が複数存在するため、専門家でも何年も治療してからようやく診断を下すケースや、誤診してしまうケースも少なからずあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。