パニック障害 薬物療法

最近は、新型抗うつ薬であるSSRIの有効性が語られることが多いみたいです。薬物療法では、発作の抑制を目的に抗うつ薬(SSRIや三環系抗うつ薬・スルピリド)が用いられ、不安感の軽減を目的にベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられます。これらの薬物には明確な有効性があり、特に適切な患者教育と指導と併用した場合の有効性は極めて高いです。服用期間が極めて長くなることから、ジェネリック医薬品を希望し処方してもらうのが医療費を抑えようとするならば患者側としては有効でしょう。しかし、SSRIの代表とされるパロキセチン(パキシル)では、飲み忘れ等で服用を中止した数日後に起きる激しいめまい・頭痛などの離脱(禁断)症状が問題となり、パニック障害に対する安全性・有用性に疑問も呈されています。これを大きく軽減したとされるのがセルトラリン(ゾロフト)です。一方、米国ではベンゾジアゼピン系の抗不安薬の依存性が問題とされることが多いが、日本では、成人の定型的パニック障害では問題とならないのではないかという意見も多いです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。