パニック障害 重症度


パニック障害の重症度は様々であり、軽度の患者もいれば重度の患者もいます。重症例では、適切な治療を受けないまま経過すると、数年間にわたって外出できないなど、日常生活や社会生活に大きく支障をきたす場合もあります。特にパニック障害という病名がまだ広まっていなかった時代に初発した患者の中には、広場恐怖の程度が重く、長期化する例を見ることが、比較的多かったようです。

なお、パニック障害にうつ病が併発する場合が少なくはなく、日本では約3割、欧米では約5–6割といった統計も出されています。

疫学的には、生涯有病率1.6%–2.2%と言われます。男女ともに起きる疾患ですが、女性の罹患率が2倍程度といわれます。

この原因については、これまでは心理的な葛藤が根本にあると思われてきました。しかし、近年認知行動療法の有効性が明確となり、心理的「原因」よりも、症状に対する患者の対処が症状進展のメカニズムとしては重視されるようになりました。また薬物療法の有効性も確認されており、生物学的因子があるという意見も強くなっています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。