パニック障害とは


パニック障害は1992年に世界保健機関 (WHO) の国際疾病分類によって独立した病名として登録されました。強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつです。パニックアタック(panic attack)、パニックディスオーダー(panic disorder)とも呼ばれる。従来、急性不安神経症と呼ばれていた慢性疾患で、panic disorder からPDと略記される場合もある。かつては全般性不安障害とともに不安神経症と呼ばれていたのですが、
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。