社会恐怖 SAD

社会恐怖とはSADとも呼ばれます。
社会恐怖social phobia, social anxiety)とは、社会や人前でマイナスなイメージで批判されたり、他人に辱められる事に対する不安感から来る恐怖症。又、社会不安障害(social anxiety disorder)、あるいはその頭文字からSADと呼ばれる事もあります。

パニック障害とは


パニック障害は1992年に世界保健機関 (WHO) の国際疾病分類によって独立した病名として登録されました。強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつです。パニックアタック(panic attack)、パニックディスオーダー(panic disorder)とも呼ばれる。従来、急性不安神経症と呼ばれていた慢性疾患で、panic disorder からPDと略記される場合もある。かつては全般性不安障害とともに不安神経症と呼ばれていたのですが、

パニック障害 発作

 
パニック発作
パニック障害の患者は、青天の霹靂の如く突然に、動悸などの自律神経症状と強い不安感に襲われる。自律神経症状には、めまい、動悸、手足のしびれ、吐き気、息苦しさなどがあります。不安感には、漠然とした不安と、死ぬのではないか、気が狂うのではないかなどの恐怖感がある。患者は、これらの症状に非常に困惑し、救急受診をすることも多い。しかし、これらの症状は、特別な処置がなくとも、多くは1時間以内に、長くとも数時間のうちに回復する。これが「パニック発作」です。

パニック障害 主な症状
定型的なパニック障害は、突然生じる「パニック発作」によってはじまる。続いてその発作が再発するのではないかとおそれる「予期不安」とそれに伴う症状の慢性化が生じる。さらに長期化するにつれて、症状が生じた時に逃れられない場面を回避して、生活範囲を限定する「広場恐怖症」が生じてきます。


広場恐怖

パニック発作の反復とともに、患者は発作が起きた場合にその場から逃れられないと思われる状況を回避するようになります。回避される状況としては、電車や飛行機、歯科、理・美容室、レジを待っている時、道路の渋滞など、一定時間特定の場所に拘束されてしまう環境や、ショッピングモールなど人込みの中などがあります(他にも、人によって広場恐怖の種類は様々である)。さらに不安が強まると、患者は家にこもりがちになったり、一人で外出できなくなることもある。このような症状を「広場恐怖(アゴラフォビア)」という。広場恐怖の進展とともに、患者の生活の障害は強まり、社会的役割を果たせなくなっていく。そして、この社会的機能障害やそれに伴う周囲との葛藤が、患者のストレスとなり、症状の慢性化をさらに推進していくこととなります。

パニック障害の診断基準

診断基準としては、アメリカ精神医学会『DSM-IV 精神障害の診断と統計の手引き』が用いられることが多いようです。

なお、PTSD・うつ病・強迫性障害などの精神疾患の症状の一つとしてパニック発作を併発する場合があるが、この場合は、これらの病気の症状の一つとして扱われ、パニック障害とは診断されない。また身体疾患が原因になっている場合もパニック障害とは診断しません。
「予期しないパニック発作」が繰り返し発生し、それらに対する予期不安が1か月以上続く場合、パニック障害の可能性が疑われる。突然のパニック発作で始まり、予期不安を生じ、症状が持続するようになり、広場恐怖に進んでいくという経過の確認も、臨床診断においては、重要であるとされる。実際の臨床場面では、パニック障害は、広場恐怖を伴う慢性化したものと、広場恐怖を伴わない軽症例の2つに区分されます。

パニック障害 重症度


パニック障害の重症度は様々であり、軽度の患者もいれば重度の患者もいます。重症例では、適切な治療を受けないまま経過すると、数年間にわたって外出できないなど、日常生活や社会生活に大きく支障をきたす場合もあります。特にパニック障害という病名がまだ広まっていなかった時代に初発した患者の中には、広場恐怖の程度が重く、長期化する例を見ることが、比較的多かったようです。

なお、パニック障害にうつ病が併発する場合が少なくはなく、日本では約3割、欧米では約5–6割といった統計も出されています。

疫学的には、生涯有病率1.6%–2.2%と言われます。男女ともに起きる疾患ですが、女性の罹患率が2倍程度といわれます。

この原因については、これまでは心理的な葛藤が根本にあると思われてきました。しかし、近年認知行動療法の有効性が明確となり、心理的「原因」よりも、症状に対する患者の対処が症状進展のメカニズムとしては重視されるようになりました。また薬物療法の有効性も確認されており、生物学的因子があるという意見も強くなっています。

パニック障害 薬物療法

最近は、新型抗うつ薬であるSSRIの有効性が語られることが多いみたいです。薬物療法では、発作の抑制を目的に抗うつ薬(SSRIや三環系抗うつ薬・スルピリド)が用いられ、不安感の軽減を目的にベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられます。これらの薬物には明確な有効性があり、特に適切な患者教育と指導と併用した場合の有効性は極めて高いです。服用期間が極めて長くなることから、ジェネリック医薬品を希望し処方してもらうのが医療費を抑えようとするならば患者側としては有効でしょう。しかし、SSRIの代表とされるパロキセチン(パキシル)では、飲み忘れ等で服用を中止した数日後に起きる激しいめまい・頭痛などの離脱(禁断)症状が問題となり、パニック障害に対する安全性・有用性に疑問も呈されています。これを大きく軽減したとされるのがセルトラリン(ゾロフト)です。一方、米国ではベンゾジアゼピン系の抗不安薬の依存性が問題とされることが多いが、日本では、成人の定型的パニック障害では問題とならないのではないかという意見も多いです。

パニック障害  精神療法

 

治療的には、薬物療法と精神療法があり、様々な治療が有効性を認められています。精神療法の中で、有効性についての最もよく研究されているのが、認知行動療法です。認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」「身体感覚についての解釈の再構築」「「呼吸法」などの訓練・練習が行われ、基本的には不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行います。系統的な認知行動療法を行う施設は、日本には多くはないが、臨床医は、認知行動療法的な患者指導を行っている場合が多いようです。


精神療法において、最も基礎的で重要なものが「疾患に対する医師の説明」「心理教育」です。パニック障害は、発作の不可解さと、発作に対する不安感によって悪化していく疾患であり、医師が明確に症状について説明し、心理教育を行うことがすべての治療の基礎となります。


パニック障害 注意


パニック障害は、パニック発作が1か月以上続くこと、薬物、身体疾患によるものではないこと、他の精神疾患ではうまく説明が付かないことが診断の基準になっています。
心臓など身体に問題があるととらえてしまい、別の診療科を回ってしまう場合もあるようです。どちらにしても、素人がこの病気を診断するのは危険です。

「他の精神疾患ではうまく説明が付かない」という点は非常に曖昧であり、似たような症状を持つ精神疾患が複数存在するため、専門家でも何年も治療してからようやく診断を下すケースや、誤診してしまうケースも少なからずあります。


赤面症とは

対人恐怖症とは個々の症例により、以下のようにさまざまに呼称されますが、それを包括するものです。

あがり症
赤面症、赤面恐怖症
多汗症
体臭恐怖症

対人恐怖症は、恐怖症のひとつであり、患者は社会的接触を恐れ、それを避けようとする症状を示します。日本特有の文化依存症候群とされ、そのままTaijin kyofusho symptoms (TKS) と呼称されています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。